九寨溝国家級風景名勝区

世界自然遺産であり、年々人気を増している九寨溝は世界で最も美しい湖が集まる風景区です。


樹正溝 ~ 九寨溝国家級風景名勝区

樹正溝は九寨溝風景区の入口に面して南に伸びる地域を言います。樹正群海は最も有名な観光ポイントとなっています。

入口ゲートから諾日朗瀑布までを結ぶ景観地を樹正溝と呼びます。 他に比べ基本的には平坦な構成のこの地では、水の流れと滝が観光の中心です。 旅行客にとっての見所は樹正群海、犀牛海、樹正瀑布、老虎海そして火花海となります。

犀牛海

犀牛海:海抜2315mの2kmに渡る湖。ここは長海に続いて2番目に大きな湖となります。 安定した水の流れのおかげで湖の大きさは年間を通してほとんど変わりません。 泥岩が流れをせきとめる事で深い青色をした広い湖面を作り上げている。

犀牛海

老虎海

勇猛な湖名に反し、静かで小さな湖。名前の由来は下流に位置する樹正瀑布の滝音が虎の咆哮に聞こえるとか、 紅葉を映す湖面が虎の縞模様に見えるとか諸説ある。

  • 老虎海
  • 老虎海
  • 老虎海

樹正寨(九寨溝民族文化村)

九寨溝という地名はチベット族の村が9つあった事に由来する。この地域の7つのチベット村は現在においてもまだ存続し続けている。 数カ所は観光様に開放されている。その一つがここ樹正寨。 樹正群海を見下ろす高台にあり、多くの民家が土産物店や軽食処として営業している。 内部を無料で公開している家もあり、気軽にチベット族の文化や宗教に触れることができる。

  • 樹正寨(九寨溝民族文化村)
  • 樹正寨(九寨溝民族文化村)
  • 樹正寨(九寨溝民族文化村)

樹正群海

大小19の湖が棚田状に続く風光明媚なエリアで、別名小九寨溝。 湖の岸に遊歩道が設けられているが全体を見るなら階段を登って車道の脇からがよいだろう。

樹正群海